F-RUN GPSウォッチ

2014年07月03日

トライアスロンフェスティバルinフォレスタヒルズに参加してきました!

「トライアスロンやりなよー」とよく冗談で言われますが、「カナヅチだから無理無理〜」と答える私。以前アイアンマンと蒲郡トライアスロンの応援でかっこいい選手たちを見た時、いったいどんな体力?どんな準備?どんな練習? どんな人達?と漠然と思ったものでした。なぜだかチャレンジしたい気持ちを抑えきれず、スイムコースがプールのこの大会にこっそりエントリー。相当緊張して当日を迎えました。
DSCN7476.JPG

受付を済ませ、トランジットエリアへ。忘れ物がないよう入念に準備します。被りものはスイムキャップにヘルメット、ランのキャップ。そしてゴーグルにサングラス、バイクグローブを付け、バイクシューズにランシューズ。組合せを間違えそうで不安です。レースではバイクグローブを外すのを忘れてランを始めてしまい、恥ずかしかったー!
2014-06-29 08.41.12.jpg

私が今回エントリーしたA部門は「経験者または記録に自信がある方」の部門。それを知ったのは、エントリー後です。しくじりました。速そうなアスリートだらけのプールサイドでは、緊張しすぎて涙が出そうになります。いざ開き直ってスタート!
2014-06-29 08.58.34.jpg

頭が真っ白になりながらのスイム。この日のためにせっせとジムに通ったのに思うように体が動かない。悲しい。情けない。残念ながらぶっちぎりの最下位です。

バイクコースの上りは予想以上です。スイムでの疲れもあり呆気なく撃沈。最終周でバイクカットオフ、いわゆる関門に引っかかる始末。
DSCN7418.JPG

「ランは4kなので余裕だわ」と、高をくくっていたものの、35℃に迫る暑さにやられてしまいました。ですが、数人の選手から声を掛けてもらいパワーをもらいます。ボランティアの皆さんも往復するたび声をかけてくれます。うれしかった!
DSCN7454.JPG

記録としては非常に残念。ランニングを始めたばかりの頃、名古屋シティマラソン(ハーフ)以来の関門止めに悔しくて悔しくて。トレーニングは無駄だったのか? 得意の平泳ぎにすればよかったのか? 今もまだ頭の中でぐるぐる検証しています。
DSCN7479.JPG

経験して改めて思ったトライアスリートの友人たちのすごさ。次に向けて出直します。今度はスプリント種目にトライしてみようと思います!
posted by ナゴヤ嬢ガー編集部 | 大会レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
NRJ_banner34x8.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
abirun_banner2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。